2022/10/02

マウントを取るとは?取りたがる人の特徴と心理、取られたときの対処法!

「あの子ってすぐマウント取ろうとするよねー」「こないだ彼氏の女友達にめっちゃマウント取られた」などといったように、最近会話の中で「マウントを取る」という言葉を耳にしませんか?SNSで話題になっていたり、マウントを題材にしたドラマや漫画が注目されたりしていますよね。

しかし、「マウントを取る」という言葉の意味はなんとなく理解しているけれど、実はその由来や語源についてはよく知らないという人もいるのではないでしょうか。

そこで今回は「マウントを取る」という言葉の意味を解説するとともに、マウントを取りたがる人の特徴や心理、そして実際マウントを取られた時の対処法について解説していきます!

「マウントを取る」ということについて深く知っていくと、知らず知らずのうちに自分が同じような行為をしていたと気づくこともあるかもしれません。嫌味なイメージのあるマウント人間にならないためにも、ぜひ参考にしてみて下さいね。

マウントを取るってどういう意味?

B102454F-93C4-40C6-90E3-6A5C726E5B50

ではまず、「マウントを取る」という言葉の意味や由来についてご説明しましょう。

マウントを取るの意味

「マウントを取る」という言葉は、一般的に「相手よりも自分が優位に立っていることをアピールする」という意味で使われています。

自分の容姿や学歴、経歴、持ち物といったあらゆる点で自慢をしたり、上から目線で相手をけなしたりして自分の方が「格が上」であることをアピールする。自分と相手の間で勝手に格付けをして、自分の方が優れている、恵まれていると相手に認めさせる行為。

それが「マウントを取る」という行為であるといえるでしょう。

マウントを取るという言葉の由来は?

もともとはネット用語で、最初は巨大なネット掲示板「2ちゃんねる」から発生して広まった言葉であると言われています。

「マウント」という言葉の由来は、2つ。ひとつは格闘技の「マウントポジション」からきているものです。マウントポジションとは仰向けの相手の上に馬乗りになって攻撃する体勢のことを指し、身動きが取れない相手を上から一方的に攻撃する姿から、「マウントを取る」という言葉の由来となりました。

もうひとつは猿や犬などの動物が相手に馬乗りになって、交尾のときや自分の優位性を示すときにとる本能的な行動の「マウンティング」からきているというものです。

マウンティングママ友、マウンティング女子など、最近ではマウントを取りたがる人の事を「マウンティング〇〇」といって表現することも。

どちらも語源は「mount」という英単語で、「登る」「乗る」「またがる」といった意味がありますが、会話で使うぶんにはもちろん実際に馬乗りになるのではなく、精神的に自分の優位性を示す発言のことを指します。

マウントを取る人の特徴とは

AB1ED589-D317-4D11-B13D-44DA2302D0B1

次に、「マウントを取る」と言われる行動をとる人の特徴についてご説明しましょう。周りを見渡してみれば、自分の周りにも当てはまる人がいるかもしれませんね。

自己中心的

マウントを取る人の多くは自己中心的で、常に自分の都合を優先して行動します。自分がこう思ったらそれが正しいと思い込みがちで、自分の物差しが世界の基準。

「自分さえ良ければいい」という考え方なので人の都合や気持ちを考えることができず、わがままで無神経な発言で周りの人を傷つけてしまうことも。

すぐ他人を否定する

会話をしている時に「〇〇ちゃんってほんとにダメだよね」「△△さんってちょっと変じゃない?」と常に他人を否定する発言をしたり、アラを探そうとしたりする人もマウントを取りたがる人である可能性が高いといえます。

自分の考え方が正しいと思っているので、自分とは違う考え方の人は否定したり、「あの子変わってるよね」などと排除したりしがち。

リーダーシップを取りたがる

何人かで集まって行動をするとき、いつも自分が主導権を握ろうとする人もマウントを取りたがります。相手を従わせるため、自分の意見を声高に主張するので、周りの人がなんとなく反論できない空気に。

自分が一番で、一目置かれる存在でいたいという気持ちがあり、黙ってついてくるイエスマンが周りに集まりやすいタイプです。

何かにつけて人を見下す

容姿や持ち物、学歴や年収、恋愛、結婚など様々な点で自分と相手を比べ、ひとつでも自分の方が優れているところがあれば見下したような発言や態度をする人もマウントを取る人であるといえます。

相手を見下して自分の地位を上げようとすることが多く、「〇〇ちゃんには難しすぎてできなかった仕事を、私はやりとげた」といったような、最終的には自分上げ発言が目立ちます。

自慢したがり

マウントを取る人は、とにかく自分の自慢話が大好き。

オシャレなカフェや、ちょっとお高めの料理店で食事をすればSNSにすぐ写真をアップして、「自分はこんな素敵な暮らしをしている」というリア充アピールをしたがります。クリスマスや誕生日などに、プレゼントの入っていたブランドの紙袋の写真だけアップするのもこのタイプ。

その他にも、仕事で上司に認められた、恋人がとても自分を愛してくれている、などと長々と自分語りを始め、「実は私も…」と相手が話そうとしても、「私はもっとすごいから」と人の自慢は聞き入れません。

余計なアドバイスをしてくる

相談をもちかけられてもいないのに「もっと〇〇した方がいいよ」などと余計なアドバイスをする人も、マウントを取ろうとしている可能性があります。

「自分よりも格下だ私がアドバイスをしてあげている」という気持ちなので、上から目線であれやこれやと口を出し、見当違いなアドバイスをして結果的にはウザがられ、距離を置かれてしまうことも。

ブランドやステータスにこだわる

マウントを取る人の多くはブランド品が好きで、自分や恋人のステータスにこだわります。

人には「その服どこのブランド?」と聞きたがり、いざ自分が聞き返されると「大したことないよ!」などと言いながら「実は〇〇(高級ブランド)の限定品なの…」などともっと自分は格上であることを伝えてマウンティング。

これを持ち物だけではなく、自分の学歴や恋人のステータスでも同じことをします。

ブランド品や学歴、恋人のステータスなど、周りの人が持っていないものを持っているということが自分の誇りで、自分より優れたものを持っている人には嫉妬して、他のポイントで張り合おうとしがち。

マウントを取る人の心理

7AB0E6EC-9F1E-405C-89CF-C485FCE23158

マウントを取る人の特徴がわかったら、次はその心理について考えてみましょう。マウントを取る人はいったいどんな気持ちから、そのような行動をとってしまうのでしょうか。

なんにでも序列を付けたい

学生時代の友人や、職場の同僚、趣味のサークルで集まった仲間たちなど、人には様々なコミュニティがありますよね。

マウントを取る人は序列に対する認識が強く、それぞれのコミュニティにおいて自分が上で、あの人は下といった序列を付けたいという気持ちがあります。

周りの人を競争相手だと思っているため、マウントを取らなければ自分が下に見られる、自分の立ち位置を確立できないと思って他の人と張り合ってしまうのです。

自己顕示欲が強い

自己顕示欲とは、自分の存在を必要以上に目立たせたいという欲求のことをいいます。

マウントを取る人には自己顕示欲が強く、「もっと自分を見て欲しい」という気持ちから自分の話ばかりしてしまう人が多いようです。

誰かの話を聞いていたと思ったらすぐに自分の自慢話にすり替えてしまう会話泥棒が多いのも、この自己顕示欲のせい。とにかく自分はスゴイというアピールをし、他人の注目を集めることによって、自分に価値があると思うことができます。

自分を認めて欲しい

マウントを取る人には自己顕示欲が強い人と同じく、承認欲求が強い人も多いでしょう。

承認欲求とは一般的に「他人から肯定的な評価をされたい」「自分の価値を認めて欲しい」といった欲求のことで、承認欲求が強い人ほど「自分が他人より劣っていると思いたくない」という気持ちからマウントを取ります。

他人から見ればつまらないことで張り合っているように見えても、本人は「もっと自分を高く評価して欲しい」「なにがなんでも自分を認めて欲しい」という気持ちでなんとか上に立とうとしているのです。

自分が一番優れていると思いたい

どんなコミュニティにいても常に自分と他人を比較して、自分が一番優れていると思いたいあまりにマウントを取ってしまう人もいます。

負けず嫌いで、いつでもどんなときも自分が上位でなければ気が済まず、自分より優れている人がいればアラを探してマウントを取り、見下します。

常に他の兄弟と比べられて育ってきた人には特にこの傾向がみられることから、成長過程での家庭環境や親の教育方針からの影響であるとも考えられます。

実は自分に自信がない

意外かもしれませんが、マウントを取る人のなかには実は自分に自信がない人が多いといわれています。

自分に自信がないからこそ誰かに認められたり、すごいと言われたりすることで自分の承認欲求を満たしたいと思うようです。

またマウントを取ることで自分より下の人間をつくり、「自分の方が優れている」という安心感を得ようとしていることも。

マウントを取られがちな人の特徴

3C94D4ED-CED0-492B-B594-3F3661714453

マウントを取りたがる人がいれば、なぜか人にマウントを取られやすい人もいますよね。マウントを取られやすい人には以下のような特徴があります。

「私ってなぜか人にマウントを取られがち…」と思う人は、自分に当てはまる特徴がないかチェックしてみましょう。

劣等感が強い

劣等感が強く、自分に自信がない人はマウントを取りたい人には格好の標的になります。

劣等感とは、人と比較して自分が劣っているという思い込みのこと。「どうせ自分なんて…」といったように劣等感が強いと、自分では気づかないうちに周りの人の顔色を伺ってしまったり、押しの強い人に流されたりするところがあるため、格下に見られやすいのでしょう。

すぐに自分と他人を比較してしまう気持ちが内側に向いてしまうとマウントを取られ、外側に出るとマウントを取る人になるといえますね。

控えめで、あまり自分の意見を言わない

普段から控えめで、自己主張をしない人もマウントを取られやすい傾向があります。

マウントを取りたがる人は実は反撃に弱く、自分の意見を否定されたくないと思っているもの。しかし自分の意見を言わない人には否定されることがないため、「何を言ってもいい」と思って思いきりマウントを取ってくるのです。

マウントを取る人の意見に同調ばかりしていると、お互いの支配関係が決まってしまい、いつまでもマウントの対象になってしまうことも。

身近な存在で、立場は同じか少し下である

マウントを取りたがる人は、自分よりかなり格上や格下であると思う相手にはマウントを取りません。芸能人と自分を比べたり、生まれたばかりの赤ちゃんを見下したりしないのと同じです。

しかし職場の同僚や親しい友人など、自分と重なる点が多い身近な存在とは持っているステータスも似ているため、他に自分が優れているところを探してマウントを取ろうとします。

さらに、自分より少し格下ぐらいであると感じる人には集団の中での立ち位置を脅かされないようにと激しくマウンティングしてくることも。

 

マウントを取られた時の対処法

FD5CF2AA-8E4A-4A55-BB61-8852EAC4EEDE

マウントを取る人についてはよく理解したとしても、いざマウントを取る人のターゲットになってしまうと、かなり不愉快なもの。ここからはマウントを取る人への対処法をいくつかご紹介しましょう。

冷静に見る

相手がマウントを取ろうとしてきたとき、怒って反論したり悔しがったりすると余計に相手を喜ばせ、マウンティングを激化させてしまうことがあります。

何か言われてもまともに取り合わず、冷静に「へえ、そうなんですか」「そういう考え方もあるんですね」とスルーして、自分には自分の考え方があり、あなたのことは相手にしませんという雰囲気を醸し出しましょう。

相手をヨイショしてあげる

マウントを取りたい人は、自分が優れているということを相手に認めさせたいからそのような行動に出ています。

相手が上司や先輩など目上の人で、スルーしづらい場合は「すごいですね!」「どうしたらうまくできるか教えてください」といったような、相手の優位を認めるような返答をしてちょっと持ち上げてみましょう。
承認欲求が満たされると同時にマウントを取りたい気持ちが満たされて、あまりマウントを取ろうとしなくなることがあります。

不愉快であると伝える

マウントを取ろうとしてくる相手が親しい友人であれば、「最近マウントを取ろうとしてくるけど、それやめた方がいいよ」とはっきり言ってみるのもアリ。

マウントを取りあうのはくだらないし、不愉快だからやめてほしいと伝えましょう。相手が意識してマウントを取ろうとしていたら、その反撃にドキッとしてマウントは控えるはず。

相手が自分でも自覚していないままマウントを取ろうとしている場合も、自分の無意識の言動が親しい友人すら不愉快にさせてしまっている、と相手に気づかせることができるでしょう。

相手がマウントを取りやすい話題を避ける

マウントを取ろうとする人が好むのが、自分とあなたとを比較しやすい話題です。

特に『学歴・仕事・趣味・年収・恋愛・結婚・子育て論』などのプライベートな話題はマウントを取りやすいので、喜んで食いついてきます。

普段からマウントを取ろうとしてくる人相手にはあまりプライベートな話題は振らず、向こうが一歩踏み込んで来ようとしても、世間話程度に済ませてサラッとかわしておきましょう。

距離を置く

マウントを取ろうとする人の中には、絶対自分を認めさせてやる!とばかりにしつこく絡んでくる人もいますよね。できることならそういう人とは距離を置くのが一番です。

「久しぶりに会おうよ」などと連絡が来てもスルーし、食事会ではなるべく離れたところに座るようにしましょう。SNSのいいね!もマウントを取るきっかけになるのでNGです。

職場の先輩などでどうしても顔を合わせなければならない場合は、上司に相談して配置換えをしてもらうのも良いでしょう。

明らかに敵意を持ってマウントを取ろうとしてくる人とは、できるだけ顔を合わせないことをおすすめします。

 

自分の心を守るには、マウントを取る人とは関わらないのがベスト!

683AD5AE-6816-4CCD-A0B6-3A2A6A34C50B

マウントを取る人のほとんどが、自分と他者を比較することでしか自分の立場を確立できない人です。

自分の方が優れている、自分の方が幸せ。そう思いたいがために人を見下し、自分の優位性を相手に認めさせるような行動をとります。

もし生活していく中でそんな人に出会ってしまい、運悪くマウンティングのターゲットになってしまったら、よっぽど親しい人でない限りはそっと距離を置くのが良いでしょう。

まともに相手にしていると相手の方が優れているのかと思い込まされ、自己肯定感の低下に繋がってしまいます。

自分は自分、他人は他人。誰かと比較しなくても人は生きていけますし、幸せになれます。自分の価値観を大事にするためには、マウントを取る人とはなるべく関わらないのがベストです。

 

関連記事

「彼氏の風俗通いが発覚…」彼氏が風俗に行ってしまう心理から辞めさせる方法まで徹底解説!

彼氏の浮気は絶対的にNGという女性はほとんどですが、風俗はどうでしょうか? この記事では、彼氏が風俗に行く

「旦那の帰りが遅い…!」理由や不安を和らげる方法、遅くなりがちな職業とは?浮気かどうか見破る方法も徹底解説

旦那の帰りがいつも遅いことに、あなたも不安やストレスを感じていませんか? 単純に帰りが遅くなっているだけと信じたい一方

【浮気・不倫にも】LINEで削除されたトークを復元する方法5選!証拠の確保や復元できない場合なども徹底解説

「浮気をしている証拠を確かめたいけどLINEの文章を消されてしまった」「LINEのトークを復元したい」と相手の浮気の証拠

【男女別】獅子座のセックスの特徴16選!エッチの相性が良い・悪い星座まで徹底解説!

夏生まれの獅子座はまさに太陽のような存在! 明るくて男女別ともにお祭り気質。誰よりもリーダーに向いている星座です。

【30代男性必見!Twitter連載】100日後に婚約破棄する男

  Twitterで連載中の「100日後に婚約破棄する男」。マッチングアプリで出会った拓哉と夏美。順風満帆に

合宿免許は出会いの宝庫!運転免許と一緒に女もゲット!ヤレるってマジ?出会える理由から仲良くなる方法までご紹介!

Q.合宿免許は何のための合宿でしょうか? A.可愛い女と出会うための合宿!!! ピンポーン!大正解!

【夢占い】自分や他人が死ぬ夢の意味は?自殺や殺人、事故など30パターンを徹底解説

自分や誰かが死ぬ夢をみると、「寝覚めが最悪!」「せっかく寝たのにさらに疲れてしまった」など、その日のテンションが一気に落

就活生ナンパを極めし男が、出会う方法からメリット、業界別の特徴まで詳しくご紹介!

  何かと成功率が高いといわれている就活生ナンパ。しかし「どう話しかければいいの?」「そもそも何から始めれば

不倫されても再構築して幸せになれる夫婦っているの?成功するパターンやコツ、筆者の体験から徹底解説

「不倫を許して再構築ってできるのかな…」 「きっぱり別れようと思ったけど、1度だけ再構築できるか試したい」 パートナ

【体験談】丸ノ内PCMはナンパスポットって本当?出会いを求めてOLが突撃してみた

  ナンパスポットPCM丸の内へ出会いを求めて女3人で突撃! 丸の内PCMはハイスペリーマンにナンパされる